サービス利用支援、継続サービス利用支援とは

スポンサードリンク

サービス利用支援、継続サービス利用支援とは

サービス利用支援とは

障害支援区分の認定を受け、障害福祉サービスに係る支給決定を受けた障害者(児)の方は、
その方の障がいの種類や程度に応じた適切なサービスを受けるための
「サービス等利用計画」を作成し、
それに従って、障害福祉サービスを利用することになります。

 

サービス等利用計画の作成にあたって相談、助言をするのが
指定特定相談支援事業者(指定障害児相談支援事業者)で、
「サービス等利用計画案」の作成をサポートする事業を「サービス利用支援」
といいます。

 

障害福祉サービスを利用する場合は、
平成27年4月より、「サービス等利用計画」の作成は必須となっています。

 

(地域活動支援センターや移動支援等の地域生活支援事業のみサービス利用者は、
計画相談支援の対象外ですが、訓練等給付のみの場合も計画作成は必要です。)
「サービス利用支援」では、障害福祉サービスの申請、変更の申請に係る方もしくは
障害のある児童の保護者、地域相談支援の申請に係る方を対象に、
障害のある方の心身の状況や、置かれている環境をもとに、
希望や将来の目標(自立や就職)などさまざまな事情を踏まえて、
適切なサービスを受けられるように、相談、助言をして、
障害福祉サービス事業者等との連絡調整を行い、
「サービス等利用計画」を作成します。
利用者は無料でサービス利用支援を受けることができます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="8955468524">

 

継続サービス利用支援とは

サービス等利用計画は一度作ったらそれで終わりではありません。

 

継続サービス利用支援とは、サービス等利用計画にもとづいて
実際に運用後、利用者の状況や意見を聞いて、
必要に応じて、サービス等利用計画の見直しを行うものです。

 

サービス等利用計画の変更に伴う関係者との調整や、
新たに支給決定が必要な場合の申請の勧奨も行います。

 

なお、指定特定相談支援事業者以外の者が
サービス等利用計画案を作成した場合については
継続サービス利用支援の対象外となります。

 

サービス利用支援と同様、利用者は無料で
継続サービス利用支援を受けることができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク